病院元事務局長 5千万余着服か|NHK 東北のニュース

https://www3.nhk.or.jp/tohoku-news/20190710/6000006167.html
脳神経外科病院などを運営する仙台市の医療法人の元事務局長が5000万円余りの金を着服したうえ、およそ1500万円を脱税していたことがわかりました。元事務局長は裁判で実刑判決を受けて、控訴しています。
捜査していた仙台地方検察庁によりますと、仙台市の仙台東脳神経外科病院などを運営する、医療法人社団脳健会の草野尚友元事務局長(57)は、平成24年9月からおよそ1年半の間、5000万円あまりの金を着服していたうえ、およそ1500万円を脱税したとして、業務上横領と所得税法違反の疑いで逮捕、起訴されました。仙台地方裁判所は今月1日、懲役4年、罰金350万円の判決を言い渡し、草野元事務局長は判決を不服として控訴しています。検察によりますと、草野元事務局長は、着服した金を元妻の慰謝料やクレジットカードの利用代金の支払いなどに充てていたということです。医療法人社団脳健会は、「当時は理事会などのガバナンスが甘かった。こうした事案が2度と起きないよう、法令の遵守と再発防止を職員に徹底している」とコメントしています。

未分類

Posted by wpmaster